株式会社外山精一商店


ステンレス

ステンレス 【STAINLESS】


取り扱い品目

■ 鋼 板
表面仕上げ・・・2B、BA、2D、No1、研磨
(HL/No4/#400/鏡面/他)
表面加工・・・エンボス、潤滑塗装、クリアー塗装、カラー
表面保護フィルム

■ 条網 、 パイプ等
パイプ  チャネル  アングル  H型鋼  フラットバー  異形棒  丸棒/線材

■ その他
厚板  ラウンド  パンチング  ラス網

表面仕上げ区分

仕上げ区分
仕上げ方法・仕上り程度・適用例
No.1 仕上げ
熱間圧延後、焼鈍・デスケーリングを施したままのものです。化学用タンク・航空機ヒーター・蒸気タービンシュラウド・配管をはじめ、仕上げの平滑度が特別に重要視されない耐熱・耐食の工業用途に適しています。
No.2D 仕上げ
冷間圧延後、焼鈍酸洗を施したままのもので、材質は柔らかく、表面は銀白色の光沢を有しています。この仕上げは、深絞り加工に適し、緻密な冷間圧延表面を有しているので、加工後にミガキやバフかけができます。航空機の構造部分・屋根の排水樋・熱交換器をはじめ各種の用途に適しています。
No.2B 仕上げ
No.2D仕上げ後、研磨ロールで軽く冷間加工をおこなって得られる光輝仕上げで、あまり過酷でない深絞りに最適です。No.2Dに比べ、加工後のミガキも容易ですから、病院の備品・ミルクタンク・料理用器具・食卓用器具・建築用材などに適しています。
No.3 仕上げ
比較的粗い研磨仕上げ(100〜120メッシュ)のものです。牛乳設備のジャケット外側・台所のカウンター上面など、表面が半ミガキ仕上げになっている必要のある用途に適しています。
No.4 仕上げ
No.2B仕上げのものを最終的に150〜180メッシュの研磨剤で仕上げた一般ミガキ仕上げです。均一で美しい外観を有し、通常はこのまま使用されますが、必要な場合はさらに高度の仕上げをおこないます。とくにこの仕上げは、清潔で衛生的ですから、牛乳や食品加工設備・病院設備などに適しています。
バフ研磨
高度の反射率をもっており、きれいにグラインターをかけた面をバフによって仕上げますが、砥粒線は除去されていません。主として建築と装飾に適しています。
No.8仕上げ(鏡面)
順々にこまかい研磨剤でみがいた後、非常にこまかいバフで仕上げるもので、砥粒線の残らない最も高い反射率の仕上げ表面を有しています。プレス板・小形鏡・反射鏡などに大へん適しています。
HL仕上げ(ヘアライン)
No.4仕上げのものに連続した砥粒線をつけたものです。溶接後の手入れなどが簡単ですから、建築用などに適しています。
BA仕上げ(光輝焼鈍)
冷間圧延後、不活性雰囲気の炉で熱処理し、さらに研磨ロールで軽く冷間加工をおこなった非常に美しい仕上げのものです。仕上げの美しさにより、各種装飾品や比較的軽度の加工で表面の美しさを損なわないものに適しています。なお、プレスなどの成形品では、簡単なバフ研磨で光沢を出すことができます。
PB仕上げ
特殊ロールを使用し独自の研磨模様を転写したもので、建築用材、病院の備品、一般家庭用器具などに適しています。
DF仕上げ
特殊ロールを使用し板表面に微小凹凸を転写したもので、防眩性、意匠性からつや消しを必要とするものに適しています。
エンボス
特殊ロールを使用し独自の型押し模様を転写したもので、建築用材、厨房や一般家庭用器具などに適しています。